盛夏の健康対策 睡眠

溌剌とした表情も、快活な感情も、綺麗で滑らかな肌も十分な睡眠から。

休養や睡眠が足りないと、健康も美も保つことができません。

睡眠環境を整えましょう。

快眠のためには「気温26度以下」「湿度50~60度」の環境が好ましいといわれています。

エアコンの設定温度、除湿機能、布団乾燥機、寝具、寝間着などを工夫して、良い睡眠環境を作る努力をしましょう。

梅雨時の健康対策 運動

身体の中に余分な水分がたまりやすい梅雨の時期は、適度な運動を行い

水分や老廃物の排出に努めましょう

溜め込んだままでは、むくみや食欲不振といった不調につながります。

全身の循環を良くする運動としては、ストレッチと筋トレがおすすめ。

特にピラティスは、この「ストレッチ」「筋トレ」といった要素を兼ね備えているうえに

畳一畳分のスペースがあればどこでも行うことができます。

身体のむくみが気になるとき

空いた時間や気が向いた時に、自分の負担にならない範囲で

梅雨時の生活習慣として取り入れてみてください。

梅雨時の健康対策

梅雨の時期は「自立神経の乱れ」「湿気による不調」などから、体調を崩しやすい時期です。

日々の生活の中にしっかりと「栄養」「睡眠」「運動」の三方向からの健康対策を取り入れていきましょう。

~栄養~

体力低下や、だるさを感じる梅雨時にはビタミンB群を摂取することが大切です。

玄米・全粒粉・豚肉・乳製品・卵・納豆などを摂取して、疲労回復や代謝アップに努めましょう。

 

 

2017年夏

福岡は連日30度をこす、暑い日が続いております。

深呼吸しながら、ストレッチして、全身の循環を良くし、夏バテしない身体つくりをしましょう。

秋以降の体質向上の効果もあります。